新型クラウンアスリートの馬力・サイズ・価格をまとめて見ていきましょう!アテンザと比較すると。。

新型クラウンアスリート画像

今回は新型クラウンアスリートの馬力・サイズ・価格をまとめて見ていきましょう!

[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]クラウンはやっぱり憧れなんだよね。。[/chat]

今回は新型クラウンアスリートにフォーカスして見ていきましょう!ではどうぞ!

新型クラウン2018年フルモデルチェンジ最新スクープ情報!発売日は6月25日!内装・価格まで写真を使って紹介!

新型クラウンアスリートのグレード別価格

新型クラウンアスリート画像

新型クラウンアスリートのグレード別価格を見ていくと・・

2.0Lターボガソリン

  • アスリートT 3,963600円~
  • アスリートST 4,584,600円~
  • アスリートGT 5,410,800円~
  • アスリートS-T “J-FRONTIER Limited” 4,546,800円~

2.5Lアスリート

  • 2.5Lアスリート i-Four 4,093,200円~
  • 2.5LアスリートS i-Four 4,708,800円~
  • 2.5LアスリートG i-Four 5,545,800円~

3.5Lアスリート

  • 3.5Lアスリート G 6,183,000円~
  • 3.5Lアスリート S  5,324,400円~

ハイブリッド

  • Hybridアスリート 4,395,600円~
  • HybridアスリートS 5,032,800円~
  • HybridアスリートG 5,848,200円~
  • HybridアスリートS “J-FRONTIER Limited” 4,978,800円~
[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]けっこうグレードも多いね!選択肢も豊富なんだね。[/chat]

売れ筋のグレードは、

  • ハイブリッドモデル

となっていますね。燃費も要因ですが、乗り心地&静粛性がぐんっとアップするのも魅力ですからね。

価格帯はガソリン車で3,963600円~5,324,400円。ハイブリッド車で4,395,600円~5,848,200円となっています。

では次に、新型クラウンアスリートのサイズを見ていきましょう!

新型クラウン2018年フルモデルチェンジ最新スクープ情報!発売日は6月25日!内装・価格まで写真を使って紹介!

スポンサーリンク

新型クラウンアスリートの車体・室内サイズ

新型クラウンアスリート画像

新型クラウンアスリートの車体・室内サイズを見ると・・

  • 全長 4895mm
  • 全幅 1800mm
  • 全高 1450mm
  • 室内長 1975mm
  • 室内幅 1510mm
  • 室内高 1190mm
  • ホイールベース 2850mm
  • 車両重量 1590-1720kg
  • 最小回転半径 5.2-5.4m
[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]最小回転半径は意外と取り回しがしやすいんだね。[/chat]

国内市場向けと合って、適度な大きさに抑えられているの特徴ですね。レクサスLSと比較しても、大幅に小さいですから。。

レクサスLSと比較すると・・割安感半端ないね

新型レクサスLS画像

レクサスLS500の価格帯は・・

  • 9,800,000円~16,400,000円 
[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]笑・・高いね。。。[/chat]

車体・室内サイズを見ると

  • 全長 5235mm
  • 全幅 1900mm
  • 全高 1450mm
  • 室内長 2080mm
  • 室内幅 1615mm
  • 室内高 1160mm
  • ホイールベース 3125mm
  • 車両重量 2320-2390kg
  • 最小回転半径 5.6-6.0m

まあ・・比較する対象では本来無いのですが・・一応ですね。。

新型クラウンアスリートの方が価格は割安で、車体サイズも一回り小さいという結果に。

これは当たり前なので、あしからず。。次にマツダアテンザと比較すると。。

マツダアテンザと比較すると・・

新型アテンザ画像

新型アテンザの価格帯は・・

  • 2,797,200円~4,001,400円

サイズを見ると・・

  • 全長 4865mm
  • 全幅 1840mm
  • 全高 1450mm
  • 室内長 1960mm
  • 室内幅 1550mm
  • 室内高 1160mm
  • ホイールベース 2830mm
  • 車両重量 1450-1610kg
  • 最小回転半径 5.6m
[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]最小回転半径は同じくらい何だね。[/chat]

まとめると・・

  • アテンザよりクラウンアスリートは割高
  • 車体サイズは同等

といった結果に。比較すると・・アテンザは安く感じてしまいますね。。

次に新型クラウンアスリートのスペックを見ていきましょう!

スポンサーリンク

馬力は203~315!ハイブリッドは220馬力!

新型クラウンアスリート画像

3種類のエンジンラインナップを見ていくと・・

2.0Lターボ(ガソリン)

新型クラウンアスリート画像

2.0Lターボエンジンを搭載。排気ガス温度を低減し、燃費を向上するエキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドと、排気干渉を抑えることで低回転から高回転まで高トルクを確保するツインスクロールターボチャージャーを採用し、気持ちのよい加速フィールが体感できます。

スペックは・・

  • 最高出力|173 kW(235PS)/5200-5800r.p.m.
  • 最大トルク |350N・m(35.7kgf・m)/1650-4400r.p.m.
  • 総排気量|1,988L

2.5L(ガソリン)

スペックは・・

  • 最高出力|149 kW(203PS)/6400r.p.m.
  • 最大トルク |243N・m(24.8kgf・m)/4800r.p.m.
  • 総排気量|2,499L

3.5L(ガソリン)

新型クラウンアスリート画像

先進の燃料噴射システムD-4Sを採用。エンジン回転数などに応じて高圧燃料をシリンダー内に噴射する「筒内直接噴射」と、吸気ポートに燃料を噴射する通常の「ポート噴射」を最適に制御することで、高い動力性能と優れた環境性能を両立しました。また、8速ATに合わせエンジン制御の最適化を図っています。

スペックは・・

  • 最高出力|232 kW(315PS)/6400r.p.m.
  • 最大トルク |377N・m(38.4kgf・m)/4800r.p.m.
  • 総排気量|3,456L

ハイブリッド

新型クラウンアスリート画像

システム最高出力*10 162kW[220PS] モーター最高出力 105kW[143PS] モーター最大トルク 300N・m[30.6kgf・m] | 燃費だけでも加速力だけでもなく、あくまでクラウンにふさわしい上質な走りを求めて。トヨタの技術の粋を結集し、導き出した答えがこのFRセダン専用2.5Lハイブリッドシステムです。エネルギー効率を徹底追求することはもちろん、トヨタの直噴技術D-4Sを搭載した2.5Lエンジンを組み合わせ、動力性能と低燃費を高次元で両立するパワーユニットとして熟成を極めました。

スペックは・・

  • 最高出力|131 kW(178PS)/6000r.p.m.
  • 最大トルク |221N・m(22.5kgf・m)/4200-4800r.p.m.
  • 総排気量|2,493L
  • システム最高出力|220PS
[chat face=”child-2267616.jpg” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]これだけ見ると・・おすすめグレードってハイブリッドなのかな?[/chat]

売れ筋&おすすめグレードはハイブリッドですね!とにかく燃費も走行性能もハイブリッドは高く、完成度もGOODです!

スポンサーリンク

まとめ ハイブリッドがお買い得感アリ!

新型クラウンハイブリッドの馬力・サイズ・価格をまとめて見ていきました。

一言でまとめると・・

  • ハイブリッドモデルがお買い得感アリ!

価格とのバランスを考えても、ハイブリッドモデルにお買い得を感じますね。

国内市場向けモデルとあって、サイズ感もちょうど良くラインナップも豊富。

取り回しも、レクサスLSやベンツSクラスとは比べ物にならない程容易ですね。

 

ライバル車と言えるのは・・日産フーガやアテンザですが、正面衝突という関係でも無いような気がしますね。

  • クラウンはクラウン

長い間【いつかはクラウン】と呼ばれる時代を経て、新型クラウンアスリートはスポーティさとエクステリアデザインの向上で、より唯我独尊を貫いています。

若い世代にも人気のあるクラウンアスリート!是非ハイブリッドモデルを試乗して体感してくださいね!

クラウンアモーレ!!

スポンサーリンク

画像テキスト引用 http://toyota.jp https://lexus.jp http://www.mazda.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください